適正評価と充実した教育制度

ソフトウェア開発の業界で近年成長を続けているSky株式会社の評価制度は、学歴や年齢に左右されず社員の実力を評価する実力主義制となっているそうです。社員の成果・実績や努力に対して正当な評価を行うために、多面的な評価制度が整っているといいます。また、評価をフィードバックするための表彰や、昇格制度なども充実しているそうです。

評価は5月と11月に上期・下期の目標設定を行い、その目標に対してどれだけ取り組んだか、どれだけ達成したかを査定する期間が半年間設けられているそうです。自分の目標や取り組むべき課題が明確になることで、高いモチベーションを維持しながら次の半期を迎えることができるようになっているのだといいます。また、目標設定や査定面談などが上司とのコミュニケーションの場となり、お互いの意識を明らかにし共有する場としても機能しているといいます。この結果によって表彰や昇格、賞与額などが審査されることになるのだそうです。

表彰では、年に2回の表彰式を開催し、実績をあげた社員・部署が讃えられるといいます。また、毎年新卒入社の社員を対象とした「フレッシュマン賞」・中途採用者を対象とした「中途入社社員賞」などもあるそうです。

昇格では、優秀な社員や、上位の業務を希望する社員には、本人の合意の上で昇格することができるといいます。Sky株式会社では、個人の能力や適正に合った業務を担当することが、最大限に力を発揮することに繋がるという考えがあるようです。

また、Sky株式会社では新入社員研修をはじめ、教育・研修制度も充実しているとのことです。
新入社員研修では10月~3月に行われる内定者研修をはじめ、開発職は7月、その他職種では6月の配属まで、きめ細かい研修が行われているのだそうです。
新入社員研修ではSky株式会社の歴史や社長の思いを知り、Sky株式会社の一員としての意識を育むことが目的となるようです。どのような会社なのか、社長はどんな考えを持っているのか、どんな仕事がしたいのかなどを確認しながら、社会人として必要なマナー・スキルを学び、同時に同期入社社員との親睦を深めていくことができるようです。

5月からは部署に分かれた専門的な研修が始まり、6・7月の配属。Sky株式会社ではその後もOJTやフォローアップ研修に加え、定期的なヒアリングを行うなど充実したサポート体制で新入社員のスキルアップを応援しているのだそうです。

チーム全体・会社全体で若い世代を育成していくという意識を持つというSky株式会社でなら、しっかりと一歩一歩成長していくことができるのではないでしょうか。未経験からシステム開発などの職種に興味のある人は、教育体制が充実しているSky株式会社の求人もチェックしてみるとよいかもしれません。

投稿日: