女性の働きやすさもサポート

ソフトウェアの分野を主として、学校や民間企業、医療現場などに向けたシステム開発を行っているSky株式会社は、東京都港区に東京本社を、大阪市淀川区に大阪本社を構え、幅広い分野へ事業を展開しています。従業員の数は2018年10月時点で2,500を超え、企業CMなどにより知名度も高いことから、ソフトウェア業界では大手企業に数えられると言えるのではないでしょうか。

そんなSky株式会社では、女性活躍の推進に向けた取り組みも多く行っているのだそうです。「エンジニア」と聞くと、あまり女性のイメージがないように感じる人ももしかしたらいるかもしれませんが、Sky株式会社では全社員中約20%が女性、女性の管理職や昇格も積極的に行い、女性のキャリア育成を支援しているのだそうです。

また、社内SNSなど独自ツールを活用しているSky株式会社では、女性専用ブログも導入。女性同士で意見を交換したり、相談し合ったりなど、様々に活用されているのだそうです。その他、各拠点に相談窓口を設けるなども行い、「女性の働きやすさ」を目指しているといいます。この他にも、女性が働く上でよく問題になりやすい「育児と仕事の両立」についても、Sky株式会社では充実したサポート体制を築いているといいます。Sky株式会社では、部門・職種・役職に関係なく、産前産後休暇取得の実績が多くあるのだそうです。また、休暇後の復職率も高く、復帰後は多くの女性社員が時短勤務などを活用しながら子育てと仕事を両立し、継続的にキャリアを積んでいると言います。

なんとなく「男社会」なイメージがあるエンジニア業界で、女性の働きやすさを追求し様々な制度やツールを導入しているSky株式会社。女性でエンジニアを目指したいという方は、要チェックだといえるでしょう。女性専用ブログなどにより、女性同士の結束が強く、評価なども平等であることから、とても働きやすいという声が社内から多くあがっているのだそうです。

また、この他にも社員同士のコミュニケーションを促す「オフィスグリコ」の設置により、リフレッシュに活用したり「おやつ」を通じたコミュニケーションが発生したりという効果も出ているのだそうです。社員同士がお互いに声を掛け合う雰囲気が出来上がり、社員間のコミュニケーションがより促進されているといいます。

Sky株式会社社長の目指している職場環境は、今の時代にとてもマッチした働きやすい環境だと言えるのではないでしょうか。「部署を超えた一体感」を育むツールや環境作りなどが、エンジニアの挑戦意欲にも良い影響を与えているそうです。

投稿日: