働きやすさを追求しているソフトウェア開発企業

ソフトウェア開発を通じて豊かな社会の実現を目指しているSky株式会社という会社をご存知でしょうか?Sky株式会社は、企業や団体、学校、医療現場などに向けたソフトウェアを開発し、現場の業務効率化や管理サポートなどを行っている会社です。

一般的にIT、システム開発と聞くと、労働環境があまり整備されていないようなイメージがあるという人も多いと思います。しかしSky株式会社では、「働き方改革」を目指した様々な取り組みが行われており、社員の働きやすさや労働環境の改善に務めているのだそうです。

その中の一つとして、「長時間労働の抑制」があります。Sky株式会社では、会社独自のSNSを活用し、社員一人ひとりのタスクや進捗状況を共有。一部のメンバーが過度に業務を背負い込むことがないよう、業務の適正化と負荷分散を心掛けているのだそうです。この取り組みにより、エンジニア業界で最も繁忙期となる年度末において約10時間の残業削減を実現したといいます。

また、Sky株式会社の特徴的な取り組みとしては、パワハラなどの諸問題を引き起こさないために「太陽社風を目指す取り組み」があります。これは、イソップ寓話の「北風と太陽」に倣ったものだそうで、社員同士が暖かい日差しのような気持ちを送り合うことを目指しているのだそうです。その一環として、社長をはじめ各役員から新入社員まで、立場をフラットにして全員を「さん付け」で呼び合う文化があるのだそうです。新入社員がいきなり社長や部長を「〇〇さん」と呼ぶのは少し恐ろしいような気もしますが、パワハラなどの問題を防ぐ効果は大きくありそうです。さらに、社員証などには全て笑顔の写真を採用、社内SNSで感謝の気持ちを伝えあう環境を作るなど、風通しの良い生き生きとした職場環境づくりを目指しているのだそうです。

また、この他にもサービス残業廃止の徹底や有給取得率向上、定時退社日の設置、終業時刻以降の会議禁止など、政府の提唱する「働き方改革」の実現に向けた様々な取り組みにより、働く環境が整備されているとのことです。

「好動力」というフレーズを掲げるSky株式会社では、「仕事が好き」と言ってもらえるための環境作りに積極的に取り組んでいるようです。これらの取り組みによって、社員定着率は97%を記録。エンジニアになりたいけど労働条件が不安、という方は、是非一度Sky株式会社の求人を見てみるとよいのではないでしょうか。

管理人のおすすめサイト→→→Sky株式会社 社長の理念 – 社長の理念@wiki – アットウィキ

投稿日:

女性の働きやすさもサポート

ソフトウェアの分野を主として、学校や民間企業、医療現場などに向けたシステム開発を行っているSky株式会社は、東京都港区に東京本社を、大阪市淀川区に大阪本社を構え、幅広い分野へ事業を展開しています。従業員の数は2018年10月時点で2,500を超え、企業CMなどにより知名度も高いことから、ソフトウェア業界では大手企業に数えられると言えるのではないでしょうか。

そんなSky株式会社では、女性活躍の推進に向けた取り組みも多く行っているのだそうです。「エンジニア」と聞くと、あまり女性のイメージがないように感じる人ももしかしたらいるかもしれませんが、Sky株式会社では全社員中約20%が女性、女性の管理職や昇格も積極的に行い、女性のキャリア育成を支援しているのだそうです。

また、社内SNSなど独自ツールを活用しているSky株式会社では、女性専用ブログも導入。女性同士で意見を交換したり、相談し合ったりなど、様々に活用されているのだそうです。その他、各拠点に相談窓口を設けるなども行い、「女性の働きやすさ」を目指しているといいます。この他にも、女性が働く上でよく問題になりやすい「育児と仕事の両立」についても、Sky株式会社では充実したサポート体制を築いているといいます。Sky株式会社では、部門・職種・役職に関係なく、産前産後休暇取得の実績が多くあるのだそうです。また、休暇後の復職率も高く、復帰後は多くの女性社員が時短勤務などを活用しながら子育てと仕事を両立し、継続的にキャリアを積んでいると言います。

なんとなく「男社会」なイメージがあるエンジニア業界で、女性の働きやすさを追求し様々な制度やツールを導入しているSky株式会社。女性でエンジニアを目指したいという方は、要チェックだといえるでしょう。女性専用ブログなどにより、女性同士の結束が強く、評価なども平等であることから、とても働きやすいという声が社内から多くあがっているのだそうです。

また、この他にも社員同士のコミュニケーションを促す「オフィスグリコ」の設置により、リフレッシュに活用したり「おやつ」を通じたコミュニケーションが発生したりという効果も出ているのだそうです。社員同士がお互いに声を掛け合う雰囲気が出来上がり、社員間のコミュニケーションがより促進されているといいます。

Sky株式会社社長の目指している職場環境は、今の時代にとてもマッチした働きやすい環境だと言えるのではないでしょうか。「部署を超えた一体感」を育むツールや環境作りなどが、エンジニアの挑戦意欲にも良い影響を与えているそうです。

投稿日:

3つの好きを掲げる社内風土

様々な分野をサポートするシステムの開発を手掛けているSky株式会社では「好動力」をテーマに、「3つの好き」を大切にする風土となっているのだそうです。

一つ目は、「仕事が好き」。Sky株式会社の主な職種は、事業の根幹である開発職をはじめ、営業職・サポート職・事務職とあるようです。仕事を「好き」だと感じることで、何事にも興味や関心を持つことができ、深く掘り下げたり工夫や改善を重ねたりと、より仕事に対して追求していくことに繋がるのだといいます。

二つ目は「仲間が好き」。社内SNSや「おやつ」など、様々なツールを導入し、社員間のコミュニケーションを促しているといいます。一緒に働く仲間を好きになり、チームとしての結束度が高まることで個々の力がより発揮され、相乗効果を生み出すのだそうです。

三つ目は「会社が好き」。会社を好きになり、「会社を大きくしたい」などの大きな目標を社員一人ひとりが抱くことで、より自分の力を活かそうとする姿勢につながるそうです。

これら「3つの好き」を大切にすることで、Sky株式会社では社員がより働きやすく、力を発揮しやすい環境を目指しているといいます。Sky株式会社が事業領域としているソフトウェア業界は、近年「クラウド」の領域や「ビッグデータ」と呼ばれるものの活用が加速しています。また、AIやIoT、ロボットなどの新たな分野も誕生しています。目まぐるしく変わる環境や市場の中で、常に変化し、対応し続けることが求められる業界において、挑戦する力・壁を乗り越える力・経験を経て成長していく力の糧となるのは「3つの好き」に見られる思いだとSky株式会社は考えているのだそうです。
「好き」という力を武器に、どんなことにも挑戦していける新たな力をSky株式会社は求めているといいます。

また、Sky株式会社の採用サイトでは様々なデータから会社を分析する「データで見るSky株式会社」が公開されており、かなり細かい項目まで見ることができます。たとえば役職・管理職の内訳としては社長と役員11名の他、管理職172名、役職者は1,438名いるようです。(2018年10月時点)一般社員が991名であることから、役職者の割合がかなり高く、Sky株式会社が様々な形で社員を評価しようとしてくれている会社だということが分かります。また、この他にも業績や従業員数の推移がここ数年右肩上がりであり、まさに成長し続けている企業であるといえます。社員の定着率もここ数年90%以上をキープし、かつ年々向上していることから、Sky株式会社の様々な取り組みが実を結んだと言えるでしょう。

採用サイトは、Sky株式会社に興味のある方は是非一度チェックしてみると良いと思います。これらのデータを知ることで理解度が深まり、内定獲得を後押ししてくれるかもしれません。

投稿日:

独自の働き方を追求

自社パッケージ商品をはじめ様々なソフトウェア開発を行っているSky株式会社。必要とされるシステムを形にし、社会の役に立つことを役割とし、1985年に設立されました。

他社では見られないような独自性の高い働き方として、「Skyスタイル」を展開し、ワークスタイル変革の実現を目指しているというSky株式会社では、特徴的な制度も多く導入されています。
たとえば、「ALL Sky」では各社員が「全員参加」の意識を持ち、互いに助け合ったり情報を共有しあったりすることで業務の効率化、スピードアップなどを図っているといいます。また、日々の朝礼や社内SNSにより社長の考えや「何を目指しているのか」という具体的なメッセージが配信。社長のメッセージが直接社員へとブレイクダウンされることで、社長と社員の間の意識のズレがなくなり、コスト意識を持った質の高い開発が可能となるのだといいます。

その他にも「Time Management」では、限りある時間の中で効果的・効率的に業務を行うための意識を全社員が持つことが求められているそうです。Sky株式会社ではテレビ会議システムなど、業務効率を高める設備やツールを積極的に導入しているといいます。それらを活用し、日々の業務に活用していくことで時間管理が徹底され、労働環境の改善などにもつながっていくといえるでしょう。

また、「改善変更」はSky株式会社が大切にしている意識の一つだといいます。小さい改善を積み上げていくことで大きな改善や変化につながっていくという意識を持ち、日々の反省と改善を行うことが重要となるようです。挑戦し失敗してしまっても、その失敗を活かしてPDCAのサイクルを回し、改善を繰り返していくことが大切という精神が企業全体に横たわっているのだそうです。

「Skyスタイル」には、あと「商売」と「太陽社風」が挙げられています。
「商売」は、普段から「ビジネス」という単語ではなく、「商売」という単語を使うようにすることでその意識を社員に根付かせているといいます。あくまでも商品を売り買いすることで利益を得ているSky株式会社では、営業に限らず技術者でも「商売」の意識を持って仕事に取り組むことが大切なようです。

「太陽社風」はパワハラをはじめとするハラスメント問題などを起こさないために、社員同士が尊重し合い、感謝し合う文化を養成するべく導入されたのだそうです。風通しをよくして、良いこともそうでないことも共有する社内環境を目指しているといいます。

Sky株式会社での働き方は、この「Skyスタイル」で挙げられている項目をはじめユニークなものが多く、まさにSky株式会社ならではの働き方だといえるのではないでしょうか。ワークスタイルの変革を目指すSky株式会社では、今後も様々な取り組みが開始されることが期待できます。

投稿日:

適正評価と充実した教育制度

ソフトウェア開発の業界で近年成長を続けているSky株式会社の評価制度は、学歴や年齢に左右されず社員の実力を評価する実力主義制となっているそうです。社員の成果・実績や努力に対して正当な評価を行うために、多面的な評価制度が整っているといいます。また、評価をフィードバックするための表彰や、昇格制度なども充実しているそうです。

評価は5月と11月に上期・下期の目標設定を行い、その目標に対してどれだけ取り組んだか、どれだけ達成したかを査定する期間が半年間設けられているそうです。自分の目標や取り組むべき課題が明確になることで、高いモチベーションを維持しながら次の半期を迎えることができるようになっているのだといいます。また、目標設定や査定面談などが上司とのコミュニケーションの場となり、お互いの意識を明らかにし共有する場としても機能しているといいます。この結果によって表彰や昇格、賞与額などが審査されることになるのだそうです。

表彰では、年に2回の表彰式を開催し、実績をあげた社員・部署が讃えられるといいます。また、毎年新卒入社の社員を対象とした「フレッシュマン賞」・中途採用者を対象とした「中途入社社員賞」などもあるそうです。

昇格では、優秀な社員や、上位の業務を希望する社員には、本人の合意の上で昇格することができるといいます。Sky株式会社では、個人の能力や適正に合った業務を担当することが、最大限に力を発揮することに繋がるという考えがあるようです。

また、Sky株式会社では新入社員研修をはじめ、教育・研修制度も充実しているとのことです。
新入社員研修では10月~3月に行われる内定者研修をはじめ、開発職は7月、その他職種では6月の配属まで、きめ細かい研修が行われているのだそうです。
新入社員研修ではSky株式会社の歴史や社長の思いを知り、Sky株式会社の一員としての意識を育むことが目的となるようです。どのような会社なのか、社長はどんな考えを持っているのか、どんな仕事がしたいのかなどを確認しながら、社会人として必要なマナー・スキルを学び、同時に同期入社社員との親睦を深めていくことができるようです。

5月からは部署に分かれた専門的な研修が始まり、6・7月の配属。Sky株式会社ではその後もOJTやフォローアップ研修に加え、定期的なヒアリングを行うなど充実したサポート体制で新入社員のスキルアップを応援しているのだそうです。

チーム全体・会社全体で若い世代を育成していくという意識を持つというSky株式会社でなら、しっかりと一歩一歩成長していくことができるのではないでしょうか。未経験からシステム開発などの職種に興味のある人は、教育体制が充実しているSky株式会社の求人もチェックしてみるとよいかもしれません。

投稿日: